だらう

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | posted by スポンサードリンク |

ハンス大佐が良すぎる。


イングロリアス・バスターズ観てきました。
結論から言いましょう。面白かったです。クソ面白かったです。
ヱヴァは別として今年劇場で観た映画の中で一番な気がします。言い過ぎ?まあ別にいいや。そのくらい面白い。
自分はパルプとレザボアとキル・ビルくらいしか観てませんが、今までのタランティーノ映画では一番好きです。

上映時間2時間半と長めですが、緊迫感あふれる展開でその長尺さを感じません。
色んな伏線をばらまきながら複数進行するストーリーに様々な人物が絡みあって、そのすべての要素がクライマックスにかけて収束していきます。
そしてあの広げた風呂敷をきっちり畳む終わり方。いい!
会話シーンのセンスといい緊張感の煽り方といいお見事です。

なんというか、久しぶりに「映画」観たー!な感じ。この映画は映画してます。
なので最近「映画」観てないなーて人は是非。
俺はもう一回観たいです。


終始しゃくれアゴでハの字マユ毛のブラピ。クール。

| 映画 | 22:49 | comments(2) | posted by なかじま |
六道


スペル観ました。
スパイダーマン以前に死霊のはらわたやダークマンに親しんだ自分としては待ちに待ったサム・ライミのホラー映画です。

彼のホラーは、いわゆるじめじめと精神的に追いつめられるような「うわぁやだなー…」というのではなく「来たーー!!イエーーー!!」とビビリながらげらげら笑えるという希有な作風なのですが、本作もまさしくその直系。

相変わらずのスピード感溢れるツボを得たやりすぎ描写と演出で99分間飽きることなく楽しめます笑えます。遊園地のアトラクションにできるくらいとってもエンターテイメント。
オチが途中から丸分かりだったり色々アレな部分もむしろ味といってしまえる勢いです。
主演のアリソン・ローマンのゲロとかウジ虫とか鼻血とかに対しての文字通り身体を張った演技も見もの。
ただ、お得意の凝りまくったカメラワークが今作では控えめな気がして、それはちょっと残念です。

この映画はでかいスクリーンと音響で観てこそ真価を体感できるので、興味のある方はDVD待たずに是非映画館に。



最近DVDで観たやつ

「デスレース」
評判には聞いてたけどほんとにリアルマリオカートで笑った。
ド派手なカーアクションと必要最低限のストーリーで思考を停止して楽しめます。
ジェイソン・ステイサム主演映画はB級的な意味で結構ハズレなしですね。それにしてもいい身体してる。

「バンクジョブ」
ジェイソン・ステイサム二本目。
打って変わって意外にもちゃんとしたクライムサスペンスでした。
同じくジェイソン出演のロックストック&ザトゥースモーキングバレルズには敵わないけど、色々な人物勢力がクライマックスに向けて収束する様はなかなか面白かったです。
ただハッピーエンドすぎてちょっと冷めます。実話ってほんとかなー。

「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」
バカ映画のツラの下にハリウッドへの皮肉やら際どいブラックユーモアを満載して上から贅沢な爆破シーンとアクションと豪華な俳優陣で盛りつけたような映画。
かなりお金かかってるよなーこれ。コメディ映画としてはそんなに笑えないけど。
観る人によって評価は分かれると思いますが俺は嫌いじゃありません。
一番驚いたのはエンドロール。トムクルーズって。



そんな感じで最近は爽快な映画ばかりだったので、次は真っ暗な部屋の中でミヒャエル・ハネケかトリアーあたりを観てバランス取りたいと思います。
| 映画 | 23:00 | comments(0) | posted by なかじま |
雑感
一ヶ月ぶり。
この間にちょくちょくDVDを借りては映画を観ていたのだけど、観る端から押し出し式に忘れていってるらしく、前何観たっけかと思い出そうとしてもびっくりするほど浮かんでこない。つるつるマイブレイン。
とりあえず思い出せる範囲で感想。


・ファニーゲームUSA
平和なドライブの風景にいきなり真っ赤なタイトルとジョンゾーンのけたたましい音楽がかぶさるとこは相変わらず不穏感満点。ただ全体を通して元のドイツ版の方が陰鬱さとか不快感は上。ナオミワッツは綺麗だしティムロスも加害者コンビも男前だしデブにも前程むかつかない。そういう意味では大分観やすくなったと思います。この機会にどうぞ。

・ホステル2
1のが良かった。中途半端。

・ガタカ
静かで綺麗な映画。ジュードロウはまり役。好きです。

・ギャラクシークエスト
まさに笑いと感動。ちょうおもしろい。好きです。

・トランスフォーマー
とってもアメリカン。細かいことはどうでもいいという姿勢が潔い。

・ミラーズ
オチのための映画。そんなにホラーじゃない。

・ポニョ
物語性はほぼ放棄、とにかくぶっとんでる。何かキメながら作ったようなドラッギーな映像に痺れる。

・ミスト
オチのための映画2。なんかいらいらした。好きじゃない。

・タクシデルミア
エグくて生々しいヴィジュアルのオンパレード。最後の装置はスタイリッシュ。

・ストーリーテリング
退屈せずに観れたからきっと面白かったんだろうけど人には勧めません。

・4分間のピアニスト
マンガのようなキャラとマンガのようなストーリー。バンディッツしかりドイツは受刑者に音楽やらせるのが好きなのか。


この中で人に勧めるとしたら、ガタカ、ギャラクシークエスト、ファニーゲームかなー。
なんか他にも色々観た気がするけど、もう観たことすら思い出せない。
こうしてまた同じのを借りるはめになるのでしょう。
| 映画 | 18:17 | comments(0) | posted by なかじま |
レインボー詐欺師


クリス・カニンガムもうミュージックビデオ撮らないってほんとなんだろうか。やだなー。

/////////////////////////////////////

調子に乗ってDVDを8本借りてきたので昨日今日と映画を観続けている。
とりあえず観た4本。



「リトルミスサンシャイン」
ありがちなファミリームービーかと思いきやさもあらず。今まで観たことない感じの方向からの家族の再生のお話。お兄ちゃんかっこいい。良かったです。



「フィースト」
B級スプラッターモンスター映画。方向性ちょっと違うけどこっち系じゃ「クライモリ デッド・エンド」以来のヒット。下品でハイテンションでサービス精神に溢れていて良いです。狙ってやってるっぽい頭悪さもうまい。



「HOT FUZZ」
公開時に劇場で観たから2回目。コメディー度では「ショーンオブザデッド」のが上な気がするけど、ちゃんときめてるサスペンスとそれまでの鬱憤を晴らす怒濤のアクションでやっぱり文句なく面白い。相変わらずおすすめ。



「JUNO」
16歳女子高生の妊娠、出産とそれに関わる人々を描いた映画。のくせにやたらライトでポップ。まわり理解ありすぎだろ。生んだらリセットってまじか。それかこれがお国柄の違いなんか。うーん。


次は「死霊のえじき」観る。ロメロのゾンビ映画は久しぶり!

/////////////////////////////////////

公開が先の映画ではエヴァはまあもちろんだけど、スパイク・ジョーンズの「Where the Wild Things Are」も楽しみ。
誰か原作持ってたら貸して!あと関係ないけどついでにワンピースも!

| 映画 | 00:25 | comments(0) | posted by なかじま |
宮殿
なんだか急にふつふつと動くクリスティーナ・リッチが見たくなったので、ものすごく久しぶりにバッファロー66観た。びっくりするほど覚えてなかった。

ストーリー性もキャラクターの現実味もほぼ無いけど、随所に漂う「俺かっこいい」感やド甘でメロメロな感じが結構好きな映画。ハートのクッキーて。

それにしてもこの時のクリスティーナ・リッチはやばいな。まじやばい。

| 映画 | 23:25 | comments(2) | posted by なかじま |
頭炭酸
自分は何かもやもやすると虚構の世界へ逃げる傾向にあるらしい。
ということで映画欲が止まらない!


「汚れた血」

これたしか中学生の時くらいに観たことあんのだけど、その時は「こんな映画観てんのクラスで俺だけじゃね?ふふ」みたいな、いかにも中二病的な不純な動機で観たのでびっくりするほど内容が頭に入らなかった。多分ほぼ寝てた。
最近になってようやく再観。結果「ああ、いいな」と思えたので自分も多少は成長してんだなということが分かりました。よかったです。
とにかく全編映像が綺麗で印象的なシーンが多い。裸のおっさんも多いけど。中でもドニ・ラヴァンがデヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」をバックに走り出すシーンはすごくいい。
青春映画でこんなに美しくて品のあるのを観たのは初めてかもしらん。できるなら高校の時に観たかったなー。後々メルドを撮るレオス・カラックスとは思えない。
てか何よりこれが図書館にあったのが驚き。灯台下暗しすぎる。




「鮫肌男と桃尻女」

ナイスの森でテンション下がったせいなのか急に観たくなった。
7、8年ぶりに観たのだけどこっちは当時とほとんど感想が変わらない。個性的すぎる登場人物のオンパレードにやたらスタイリッシュな映像とハイテンポなストーリーで何も考えずに観られるからでしょう。原作に無いオリジナルのエピローグもいい。
やっぱり石井克人はこれが一番だと再確認。むしろこれしか良いのがないのか…。




「カイバ」

湯浅政明のアニメ作品。
一つ前のケモノヅメがエログロヴァイオレンスな感じだったので、手塚治虫チックなデフォルメのキャラを見たときは意外だった。
でもこの可愛いらしい絵柄がちょっと残酷な世界観といい具合にマッチしていてかなり新鮮に観られます。
最後の方ちょっと駆け足かなと思ったけどストーリーもよかった。何より出てくるキャラが全員魅力的。オープニングも素晴らしい。
この人のアニメは毎回今まで見たことがないものを見せてくれるので大好きです。

湯浅政明つながりでこれもおすすめ。



次はホラーとか馬鹿みたいなスプラッターが観たいかなー。それかいい加減に電脳コイル。

| 映画 | 03:17 | comments(2) | posted by なかじま |
空洞です


来年の公開が待ってられなかったので、ちょっと無理して東京フィルメックスで「愛のむきだし」観てきた。

ちょっと無理したかいがあった。むちゃくちゃおもしろかった。
勝手ながらかなりぱつぱつに期待して行ったのだけど、それを軽々飛び越えて怒濤の勢いで遥か彼方まで疾走する凄まじさ。整合性やらリアリティやら全部ねじ伏せてがんがん行く圧倒的な力業。
この映画に関しては「鑑賞」より「体験」と言った方がいい気がする。

237分という上映時間からして尋常じゃないのにその長さを全然みじんも感じない。園子温監督が上映前に「4時間だけど一瞬です」みたいなこと言ってたけど本当にそんな勢いと密度でした。終わった後のケツの痛みで「あ、4時間たったんか」と気付きます。ほんとにほんとに。

なんか気持ち悪いくらいベタ褒めだけどまあ多めに見て下さい。観たことを誰かに伝えたくなる映画なのです。
とにかく俺も公開始まったらもう一回行く。超お勧め。


| 映画 | 03:31 | comments(0) | posted by なかじま |
ハーシーズ

ペネロピ観た。
まさしく現代版おとぎ話で呪いの解決方法もすこぶる現代的でした。とにかくペネロピがたくましい。
あと、観てる間中ペネロピの母親役の人なんかで見たことあるなーてむずむずしてたのだけど、ホームアローンのお母さんだった。なつかしー。
てか今の子供はホームアローンとか観たことあんねやろか。個人的には2と共に小学生時代の鉄板コメディ映画なのだけれど。もうほとんどこれ観て育ったといっても過言じゃない。なのできっと小さいお子さんの情操教育にも最適です。ごめんなさい適当です。
脱線した。とりあえず、ブタ鼻付けてもクリスティーナ・リッチはかわいいので、みんなが「ヒィ!化け物!」とか言ってても全然共感できないというあれ。
| 映画 | 02:59 | comments(0) | posted by なかじま |
シャッフル再生で30分の間に4回連続ビートルズがかかった日
現在帰省中。
うちにタダ券があったので映画ハシゴしてきた。
多分映画館で同日二本観るのは初めてだと思う。ぜいたくー。



アクロス・ザ・ユニバース

東京の方じゃもうほとんど終わってたのだけど、こっちは公開が遅かったせいか余裕でやってた。映画館で観れてよかった!
ほぼ予備知識なしでミュージカル映画とは知らずに観たので、主人公がいきなりカメラ目線でgirlを歌い出した時はどうしようかと思ったけど、結構面白かったです。
物語の要所要所にビートルズの楽曲が、というより、ほとんど曲の歌詞に合わせて物語を構成してる感じなのでストーリーはまあ…です。言うなればミュージックビデオの寄せ集め的な。
だけど、あの手この手の魅せまくる映像演出と当然もちろん素晴らしい音楽で満たされていて終始観てて楽しい。観終わった後はラブ&ピース感に浸れます。
人の名前とか演出自体にも色々小ネタがちりばめられてるのでビートルズ好きな人はきっとより楽しるはず。
女の子が歌うblackbirdはやっぱ良いなー。



ダークナイト

評判に違わずかなり面白かった。最近観た中じゃ断然一番と言ってしまうくらいに。
全編を貫く明確なテーマと重厚でブレないストーリーに緊張感のあるアクションが高度に融合していてエンターテイメントとして隙が無い。ビギンズ観てからもう一回行ってもいいかも。
あとさんざん言われてるけど、やっぱりヒース・レジャーのジョーカーがもの凄い。神がかって禍々しく狂気的。あの演技だけでも観に行く価値はありますきっと。
後半畳み掛ける怒濤の展開で2時間半の長尺さも全然気になりませんでした。方向性は全く違うけどHOT FUZZ以来の充実感です。

今日観たのはどっちもかなり映画館ばえする映画だったので公開中に観に行けてよかったです。
タダ券をものすごく渋々(ほぼ嫌々)譲ってくれた母さん、ありがとう。
| 映画 | 01:51 | comments(0) | posted by なかじま |
no country for old men
スルメさばいて焼酎飲みながらノーカントリー観た。
人が淡々と死にまくる。酸素ボンベを得物にする殺し屋シガーがたくましくて不気味すぎる。あの人は何が生き甲斐なんだろう。終わってから気付いたけどBGMが一切なかった。

調子に乗ってあと5本もDVD借りてきたのだけど、富士山行くまでに観きる自信と気力がない!
| 映画 | 00:22 | comments(0) | posted by なかじま |
プロフィール
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
リンク