だらう

<< Iambic 9 Poetry | main | aaacid >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | posted by スポンサードリンク |
まなみ組
森見 登美彦
角川書店
¥ 1,575
(2006-11-29)
べらぼうにおもしろい。
「太陽の塔」やら「四畳半神話大系」読んだ感じじゃ、妄想ぐるぐるの男汁迸りまくりみたいなのばっか書く人だと思ってたのに、こんな可愛らしい物語読ませるなんて。
「表紙が狙い過ぎ」とか「なんかやたらメジャーだし」とかいうアホのような理由で敬遠してた自分をしばきまわしたいです。
ほんと久々に楽しい読書したなー。なんて爽やかな読後感。
なんだかこれきっかけにどっかいってた読書欲が再燃しそうだわ。次は何読もうかしら。
積読の中には「城の中のイギリス人」と「性的人間」。爽やか気分ぶち壊し。
| | 17:54 | comments(0) | posted by なかじま |
スポンサーサイト
| - | 17:54 | - | posted by スポンサードリンク |
comment




プロフィール
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
リンク