だらう

<< 空洞です | main | アンファンテリブル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | posted by スポンサードリンク |
頭炭酸
自分は何かもやもやすると虚構の世界へ逃げる傾向にあるらしい。
ということで映画欲が止まらない!


「汚れた血」

これたしか中学生の時くらいに観たことあんのだけど、その時は「こんな映画観てんのクラスで俺だけじゃね?ふふ」みたいな、いかにも中二病的な不純な動機で観たのでびっくりするほど内容が頭に入らなかった。多分ほぼ寝てた。
最近になってようやく再観。結果「ああ、いいな」と思えたので自分も多少は成長してんだなということが分かりました。よかったです。
とにかく全編映像が綺麗で印象的なシーンが多い。裸のおっさんも多いけど。中でもドニ・ラヴァンがデヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」をバックに走り出すシーンはすごくいい。
青春映画でこんなに美しくて品のあるのを観たのは初めてかもしらん。できるなら高校の時に観たかったなー。後々メルドを撮るレオス・カラックスとは思えない。
てか何よりこれが図書館にあったのが驚き。灯台下暗しすぎる。




「鮫肌男と桃尻女」

ナイスの森でテンション下がったせいなのか急に観たくなった。
7、8年ぶりに観たのだけどこっちは当時とほとんど感想が変わらない。個性的すぎる登場人物のオンパレードにやたらスタイリッシュな映像とハイテンポなストーリーで何も考えずに観られるからでしょう。原作に無いオリジナルのエピローグもいい。
やっぱり石井克人はこれが一番だと再確認。むしろこれしか良いのがないのか…。




「カイバ」

湯浅政明のアニメ作品。
一つ前のケモノヅメがエログロヴァイオレンスな感じだったので、手塚治虫チックなデフォルメのキャラを見たときは意外だった。
でもこの可愛いらしい絵柄がちょっと残酷な世界観といい具合にマッチしていてかなり新鮮に観られます。
最後の方ちょっと駆け足かなと思ったけどストーリーもよかった。何より出てくるキャラが全員魅力的。オープニングも素晴らしい。
この人のアニメは毎回今まで見たことがないものを見せてくれるので大好きです。

湯浅政明つながりでこれもおすすめ。



次はホラーとか馬鹿みたいなスプラッターが観たいかなー。それかいい加減に電脳コイル。

| 映画 | 03:17 | comments(2) | posted by なかじま |
スポンサーサイト
| - | 03:17 | - | posted by スポンサードリンク |
comment
電脳コイルはいいSFですぜ。
小学生の夏休みというノスタルジックさと攻殻機動隊っぽさがうまく融合されててグー。
何気に奥も深くて、1巡しただけやと全てが理解できんす。
| あーる | 2008/12/03 2:35 AM |
前々からいろんなとこで評判聞いてたのでいつか観たいとは思ってたのです。
しかし近所のレンタル店に置いてないという使えなさ。
ネットで観るのもなんだかなー。
| なかじま | 2008/12/03 5:45 PM |




プロフィール
最近のエントリー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
リンク