だらう

<< ハッシュ | main | タリタ・クミ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | posted by スポンサードリンク |
Q
最近、昔に出てた色んなマンガが新装版で再発売されることが多くなってる気がする。
同じマンガなのに2種類(物によってはもっと)の装丁が存在するというわけで、これはフォーマットが決まっている書籍の文庫化とはまたちょっと違って面白い。
そんな新装版で「良い仕事!」もしくは「無いわ」と思ったものをいくつかつらつら挙げてく。いわゆる卒論からの一時的な逃避。


■大日本天狗党絵詞/黒田硫黄









最近新装版出まくりの黒田硫黄。
ただ売れようという雰囲気をこれっぽっちも出していない旧版のカバーのが好き。
新しいのはなんか「冒険活劇だよ!」みたいな感じに媚びてるようでやだ。
ちなみにこの本は黒田硫黄の中ではあんま好きな方じゃなかったのだけど、この前帰省した時に実家で読み返したら面白くてびびった。以来急上昇。

イメージ検索したら好きなシーンが出てきたので貼る。




■自殺サークル/古屋兎丸









これも明らかに旧版のが良い。
血しぶきのビジュアルは下手に使うととたんに下品で薄っぺらくなるという例。
多分新しい方初めて見てたらこの本買ってないと思う。
旧版はタイトルの部分ができものが密集してるみたいにぶつぶつに盛り上がってて、一見かわいいけど不穏でグロテスクな雰囲気も兼ね備えてるという優れもの。



■ゴールデンラッキー/榎本俊二









個人的には新しい方が好みだけど、この本なら古い方も悪くないと思う。
旧版は原色ぎとぎとにごちゃごちゃで訳が分からない。シュール。
新版はぱっと見中身が全く想像できない。ギャグなの?てか何マンガなの?シュール。



■万事快調/駕籠真太郎









多分一番きてる時の駕籠真太郎の本。
旧版はもう表紙から本気で危なそうな匂いががんがんする名カバー。だからちょっと小さめにしておく。
新版。なんかちょっとださい。そもそも表紙の絵自体があんまよくない。最近の駕籠真太郎は以前に比べて衰えが見え始めた気がするので心配。

駕籠真太郎の個人的に好きなカバー

ちなみに黄色いやつのアートディレクションは祖父江慎。カバー外してもイカス。


■少女椿/丸尾末広









どっちもいい!ちょうすてき。
自分が持ってるのは旧版だけど新版も欲しいなー。
丸尾末広は他の本の装丁もかっこよいです。内容は…。


■愛人[AI-REN]/田中ユタカ









自分のあらゆるマンガランキングの中で五本の指には入る名作。
ただこれはちょっと旧版の表紙が恥ずかしすぎる。全5巻なのだけど他の巻はもっと恥ずかしい。多分表紙でかなり損してる。
実際自分も、親の目に触れて誤解されないように実家の本棚の最深部に隠すように置いてる。
なにもあんなでかでかと愛人とか書かなくていいのに…。内容はこの単語から一般的に連想されるような卑猥な感じじゃないです。ほんとに。

そんな俺の長年の願いを遂に叶えた新装版。
なんだかちょっとケータイ小説っぽい感じもするけど、やたらに爽やかになって旧版の損してた部分を改善。
ただ爽やかすぎて内容に多々ギャップがある気がするけど、手に取る人は増えるだろうからいいや。騙されて買って下さい。
| | 01:57 | comments(4) | posted by なかじま |
スポンサーサイト
| - | 01:57 | - | posted by スポンサードリンク |
comment
ほう、愛人は是非読んでみたい。
中学くらいのとき、これはエロスな漫画と思ってドキドキしながら梅田のジュンク堂で表紙だけ眺めてた思春期の記憶。
そんな俺もいつの間にかキャノン先生トばしすぎを買える人間になってしまいました。
純粋だったあの頃に戻りたい。
| あーる | 2009/01/30 3:30 PM |
愛人是非。
素直に心打たれます。
同じく俺も町田ひらくや掘骨砕三を買える人間になってしまいました。
純粋だったあの頃はもう思い出せません。
| なかじま | 2009/01/31 1:22 AM |
私も愛人がみたいですね。フフフ。
| あややーん | 2009/05/19 10:21 AM |
じゃあこっそりみせたげるわ。フフフ。
| なかじま | 2009/05/19 12:57 PM |




プロフィール
最近のエントリー
  • Q (01/30)
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
リンク